スポンサーサイト

  • 2016.01.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    初めて見た007は何か?

    • 2016.01.21 Thursday
    • 17:30
    (1)TVで見た"一番最初"の007
    (2)映画館で見た007映画


     (1)の方が古く、1974年4月7日の「日曜洋画劇場」で放映された、日本語吹き替え版の「ゴールドフィンガー」だ。何故覚えているかと言うと、コネリー=ボンドの声が、後にレギュラーボイスとなる"若山弦蔵"ではなくって、"日高晤郎"(正確な名前は、後にネットで調べた)だったと記憶していたので、いつ放映されたかが分かった。
     当時、007シリーズがTVで放映される事自体が、非常に話題になっており(各TV局で争奪戦まであったと聞く)、それを"見た"記憶が残っている。TV放映での常として、幾柄のシーンがカットされていたと思うが、とにかくワクワクして見た記憶だけは残っている。

     その後、TVでの再放送・レンタルビデオ・特典映像を含めたLDと見てきているので、印象がごっちゃになっている感があるが、とにかく世界で最も「典型的な007映画」と認められているだけあって、見応えがある事間違いなしだが、映画自体の感想はまた別に触れる事にしよう。

     (2)映画館で見た最初の007映画は、1974年12月公開の「黄金銃を持つ男」。↑…で触れているTV版「ゴールドフィンガー」の放映から数か月後だが、「黄金銃〜〜」の後に「ドクター・ノオ」「ロシアより愛をこめて」(この時、題名も初公開時の「007は殺しの番号」「007危機一発」から原題に戻されている)と「サンダーボール作戦」「死ぬのは奴らだ」をリバイバル上映で見ているので、007ブームが沸き起こっていたようだ。
     それまで見ていた東映のマンガ映画や東宝・大映の怪獣&特撮映画ではなく、自発的に見た「最初の大人映画」だったから余計に覚えている(映画の感想自体は、また別の記事で)。

     この後、007映画のサントラ集が、第一作の「ドクター・ノオ」から「黄金銃を持つ男」まで一斉に発売され(何故か、前作の「死ぬのは奴らだ」のみ、見開き二つ折りのレコードジャケットだった)、全て購入!カセットテープに、主題歌集・アクションテーマ集と分けて録音し、繰り返し繰り返しテープが伸びるほど聞き返したのを覚えている。
     この時リバイバル公開のなかった(と記憶)「007は二度死ぬ」「女王陛下の007」「ダイヤモンドは永遠に」は、TVの洋画劇場での放映かレンタルビデオが最初なので、かなりカットされたバージョンしか見ておらず、後に《オリジナル完全版》で見直して、「見た事のないシーン」に驚いたものだった。

     では、これからは、各作品ごとの感想を上げていきたい。

    スポンサーサイト

    • 2016.01.21 Thursday
    • 17:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      来訪者

      タイムゾーン

      にほんブログ村 【ブログランキング参加中】

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM